FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > ガンに関する情報
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
天仙液の類似品・偽物について
世界で高い評価
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈

天仙液の資料請求はこちらから 関西支部へのお問い合わせはこちらから
注目される天仙液
ガンとは・・・
ガンとは・・・ 私達の体内にある臓器を組織し構成する細胞は、絶えず細胞分裂によって新しい細胞へと生まれ変わっています。細胞分裂・増殖は、各臓器や組織を常に一定の状態に保ち、身体を健康的かつ安定させるために、それぞれ精密にコントロールされています。その精巧な細胞の能力に狂いが生じてしまうと細胞は増殖を終了することができなくなりますから、次から次へと終わることのない増殖を始めてしまいます。古い細胞の寿命がくる前にどんどんあふれてしまう細胞は異常な塊へと成長してしまい、臓器や組織を破壊してしまいます。このような塊を「腫瘍」と呼びます。

悪性腫瘍の性格
悪性腫瘍は大きくなるにつれ、周囲にしみでるように拡がる性質(湿潤)や、体液や体腔を通して他の臓器に定着して増殖する性質(転移)を持ちます。そしてコントロールを失った細胞が勝手に分裂増殖を繰り返し、それが周囲に拡がることによって正常な細胞や組織を破壊していくのです。がん組織は他の正常組織が摂取しようとする栄養をどんどん吸収(悪液質)してしまいます。結果身体が衰弱してしまいます。

なぜガン腫瘍ができるのか?
なぜガン腫瘍ができるのか? 人間の身体には、本能的に回復機能があります。その回復機能のバリアを発ガン性の高い物質が潜り抜けてしまい、体内に蓄積されると、細胞内にあるDNAに異常な傷をつけてしまいます。すると正常な身体の組織を構成するはずが突然変異によって、きわめて攻撃性の強い、悪い遺伝子を誕生させてしまうのです。この一個の細胞がガン腫瘍の特徴もあわせ持つようになり、分裂増殖を繰り返し周囲に拡がってしまうのです。
ページトップへ戻る