FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > ガンの症状の現れ方
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
天仙液の類似品・偽物について
世界で高い評価
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈

天仙液の資料請求はこちらから 関西支部へのお問い合わせはこちらから
ガン症状の現れ方
食道ガン 胃ガン 大腸ガン 肝臓ガン 胆道ガン 膵臓ガン 喉頭ガン 肺ガン
脳腫瘍 白血病 皮膚ガン 膀胱ガン 前立腺ガン 子宮ガン 乳ガン

1.食道がんとは 2.症状 3.進行度 4.診断法 5.治療法

.食道がんとは
1)食道の構造と機能
食道は、のど(咽頭)と胃の間をつなぐ長さ25cmぐらい、太さ2〜3cm、厚さ4mmの管状の臓器です。食道は大部分は胸の中、一部は首(約5cm、咽頭の真下)、一部は腹部(約2cm、横隔膜の真下)にあります。食道は身体の中心部にあり、胸の上部では気管と背骨の間にあり、下部では心臓、大動脈と肺に囲まれています。

食道の壁は外に向かって粘膜、粘膜下層、固有筋層、外膜の4つの層に分かれています。食道の内側は食べ物が通りやすいように粘液を分泌するなめらかな粘膜でおおわれています。食道の壁の中心は食道の動きを担当する筋肉の層です。筋層の外側の外膜は周囲臓器との間を埋める結合組織で、膜状ではありません。

食道は、口から食べた食物を胃に送る働きをしています。食物を飲み込むと、筋肉でできた食道の壁が動いて食べ物を胃に送り込みます。食道の出口には、胃内の食物の逆流を防止する機構があります。これらは食道を支配する神経と自身の筋肉の連関により働くしくみとなっています。食道には消化機能はなく、食物の通り道にすぎません。

2)食道がんの発生と進行
食道がんは食道の真ん中か、下1/3に最も多く発生します。がんは食道の内面をおおっている粘膜の表面にある上皮から発生します。食道の上皮は扁平上皮でできているので、食道がんの90%以上が扁平上皮がんです。がんが大きくなると食道の壁をつくる筋肉に入り込みます。もっと大きくなると食道の壁を貫いて食道の外まで拡がっていきます。食道の周囲には気管・気管支や肺、大動脈、心臓など重要な臓器が近接しているので、がんが進行しさらに大きくなるとこれら周囲臓器へ拡がります。

食道の壁の中と周囲にはリンパ管や血管が豊富です。がんはリンパ液や血液の流れに入り込んで食道を離れ、食道とは別のところに流れ着いてそこで増えはじめます。これを転移といいます。リンパの流れで転移したがんは、リンパ節にたどり着いてかたまりをつくります。食道のまわりのリンパ節だけではなく、腹部や首のリンパ節に転移をすることもあります。血液の流れに入り込んだがんは、肝臓、肺、骨などに転移します。

3)食道がんの発生要因
食道がんの発生要因(危険因子)としては環境因子が重要で、喫煙、飲酒、熱い飲食物の嗜好などががんの発生と密接に関連するといわれています。特にお酒とたばこの両者をたしなむ方に多くみられます。50歳以上の男性で、たばこを吸う方、お酒をたくさん飲む方は食道がんにかかる可能性が高くなりますので、内視鏡検査を受けることをお勧めします。しかし、飲酒や喫煙をされない方でも食道がんにかかる方はいます。

食道がんにかかる方は咽頭(のど)や口、喉頭などにもがんができやすいですし、咽頭や口、喉頭などのがんにかかられた方は食道にもがんができやすいことがわかってきました。

4)食道がんの統計
わが国では毎年10,000人以上の方が食道がんにかかります。その頻度は胃がんの1/8です。50歳代以降、加齢とともに急激に増加し、ピ−クは60歳代で、70歳以上の方が30%以上であり、高齢者が多くかかります。男女比は約6:1と男性に多く、男性では6番目に多いがんです。年間の死亡者数は9,000〜10,000人と全がんの3%を占め、人口10万人あたりの死亡率の年次推移では、男性は横ばい状態、女性は低下傾向にあります。

欧米では、胃液の逆流を原因とする逆流性食道炎から食道がんが発生することが多くなっています。胃がんと同じ腺上皮から発生する腺がんが半数以上であり、わが国とはがんの性格が異なるので資料を参考とする時には注意が必要です。

2.症状
1)無症状
健康診断や人間ドックの時に、内視鏡検査などで発見される無症状の食道がんも20%近くあります。無症状で発見された食道がんは早期のがんであることが多く、最も治る確率が高いがんです。

2)食道がしみる感じ
食べ物を飲み込んだ時に胸の奥がチクチク痛んだり、熱いものを飲み込んだ時にしみるように感じるといった症状は、がんの初期のころに認められるので、早期発見のために注意してほしい症状です。軽く考えないで内視鏡検査を受けることをお勧めします。がんがまだ小さい時は、レントゲン検査では発見できないことがあります。

がんが少し大きくなると、このような感覚を感じなくなります。症状がなくなるので気にしなくなり、放っておかれてしまうことも少なくありません。

3)食物がつかえる感じ
がんがさらに大きくなると食道の内側が狭くなり、食べ物がつかえて気がつくことになります。特にまる飲みしやすい食物(かたい肉、すしなど)を食べた時、あるいはよくかまずに食べた時に突然生ずることが多い症状です。このような状態になってもやわらかいものは食べられるので、食事は続けられます。また、胸の中の食道が狭いのにもっと上ののどがつかえるように感じることがあります。のどの検査で異常が見つからない時は食道も検査しましょう。

がんがさらに大きくなると食道を塞いで水も通らなくなり、唾液も飲み込めずにもどすようになります。

4)体重減少
一般に進行したがんではよくみられる症状ですが、食べ物がつかえると食事量が減り、低栄養となり体重が減少します。3ヶ月間に5〜6kgの体重が減少したら注意して下さい。

5)胸痛・背部痛
がんが食道の壁を貫いて外に出て、まわりの肺や背骨、大動脈を圧迫するようになると、胸の奥や背中に痛みを感じるようになります。これらの症状は他の病気でもみられますが、肺や心臓の検査だけでなく食道も検査してもらうよう医師に相談して下さい。

6)咳
食道がんがかなり進行して気管、気管支、肺へおよぶと、むせるような咳(特に飲食物を摂取する時)が出たり血のまじった痰が出るようになります。

7)声のかすれ
食道のすぐわきに声を調節している神経があり、これががんで壊されると声がかすれます。声に変化があると耳鼻咽喉科を受診する場合が多いのですが、喉頭そのものには腫瘍や炎症はないとして見すごされることもあります。声帯の動きだけが悪い時は、食道がんも疑って食道の内視鏡、レントゲン検査をすることをお勧めします。

3.進行度(ステ−ジ)
食道がんの治療法を決めたり、また治療によりどの程度治る可能性があるかを推定する場合、病気の進行の程度をあらわす分類法、つまり進行度分類を使用します。わが国では日本食道疾患研究会の「食道癌取扱い規約」に基づいて進行度分類を行っています。各検査で得られた所見、あるいは手術時の所見により、深達度、リンパ節転移、他の臓器の転移の程度にしたがって病期を決定します。

0期
がんが粘膜にとどまっており、リンパ節、他の臓器、胸膜、腹膜(体腔の内面をおおう膜)にがんが認められないものです。いわゆる早期がん、初期がんと呼ばれているがんです。

I期
がんが粘膜にとどまっているが近くのリンパ節に転移があるものか、粘膜下層まで浸潤しているがリンパ節や他の臓器さらに胸膜・腹膜にがんが認められないものです。

II期
がんが筋層を越えて食道の壁の外にわずかにがんが出ていると判断された時、あるいは食道のがん病巣のごく近傍に位置するリンパ節のみにがんがあると判断された時、そして臓器や胸膜・腹膜にがんが認められなければII期に分類されます。

III期
がんが食道の外に明らかに出ていると判断された時、食道壁にそっているリンパ節か、あるいは食道のがんから少し離れたリンパ節にがんがあると判断され、他の臓器や胸膜・腹膜にがんが認められなければIII期と分類します。

IV期
がんが食道周囲の臓器におよんでいるか、がんから遠く離れたリンパ節にがんがあると判断された時、あるいは他の臓器や胸膜・腹膜にがんが認められたらIV期と分類されます。
食事のときに感じる症状:
早期では飲み込むときのつかえるような感じ。
はさまる感じ。いつもつかえているような感じ。
胸骨の後方の痛み。胸痛、全身のだるさ、食欲がない、胸やけがする。
進行すると、飲み込んだものが逆流してむせる。唾液が飲み込めずにいつも吐き出す。
さらに進むと、胸の奥や背中の痛みを感じ、気管を圧迫した場合は咳や血痰が出る。

4.診断法
X線と内視鏡で造影剤を飲み下す様子を撮影して、形態の異常の有無を調べる。
内視鏡での肉眼的観察。
ルゴール液を塗布することによる病変部の発見。
超音波内視鏡による観察。
疑わしい部分細胞を採取して検査する。

5.治療法
転移のない表在ガンの場合、内視鏡による粘膜切除手術を行う。内視鏡での切除ができない場合は手術療法が行われる。
手術療法は発生部位進行度により手術方法が変わる。
進行ガンで転移が認められた場合、手術は行わず、放射線療法と化学療法の併用、または温熱療法や免疫療法を加えた治療を行う。


ページトップへ戻る