FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > 効果的な服用方法
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
天仙液の類似品・偽物について
世界で高い評価
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈

天仙液の資料請求はこちらから 関西支部へのお問い合わせはこちらから
効果的な服用方法
1「.とても良くなった」が大多数
2.注目される複数製品を併用の効果

効果的な服用方法


国際癌病康復協会では実際に天仙液を利用している方たちからの過去2年間のアンケート結果をもとにその効果的な服用方法を探してみました。

.「良くなった」「とても良くなった」が大多数
 天仙系列製品の利用者やこれから服用を検討されている皆さんにとって最も関心を持っているのは「天仙液系列製品は効果があるのかないのか」でしょう。

 アンケート項目には、利用後の体調を伺う質問欄があり、寄せられた回答のうち「良くなった」が38%、「とても良くなった」が19%となっており、体調面が良好に向かわれた方が全体の57%に達します。

 約6割の方が天仙液の効果を実感していると言えます。一方、「少し悪化した」「悪化した」は合せても4%と極めて少数です。

 「変わらない」「分からない・未回答」の中には、利用後間もなかったり利用経験のない方が含まれることを考えると、本格的に服用している方の中で効果があったと考える人の割合はさらに高くなります。

Q.使用後の体調はいかがですか?

2.注目される複数製品を「併用」効果
 興味深いのは、利用している(していた)天仙液製品への回答です。最も多いのが「天仙液改良型のみ」利用の38%で、次に「天仙液強効型のみ」利用の14%ですが、続いて「改良型・天仙丸の併用」が10%となっています。
以下は、「強効型・天仙丸」「改良型・強効型」「改良型・天仙膏(膏薬)」の併用と続き、複数での利用が目立っています。

 割合にすると、単体利用約6割に対し、複数利用(併用)は約4割になります。中には実に7種類すべての天仙系列製品を利用していると答えた方もいます。

 傾向としては、最も一般的な「天仙液改良型」もしくは、より強力な効果が期待できる「天仙液強効型」をベースに「天仙軟膏(クリーム)」や「天仙膏(貼り薬)」「天仙栓(座薬)」など患部に直接働くものを利用されているようです。術後の体力回復や崩た体内バランスを改善するのに 効果的な「天仙液精華」で補うという方もいました。

Q.利用している(していた)
天仙系列製品は何ですか?
 さらに、利用後の体調について関連づけてみると複数利用のほうが「良くなった」「とても良くなった。」と答えている比率が高くなります。
 病気の症状、部位、使用後の体調に合せて、賢く製品を選択した方が良い結果を得られているといえます。

 また、よく質問を頂く内容として「服用量と飲み方はどのようにすればよいか」ということをお聞きしますが、原則として患者様の病状によって違います。大まかな目安として、初期癌の場合、1日4本、AM9:00、PM3:00、PM9:00、AM3:00が最も適切ですが、AM3:00が大変な方は就寝前に服用 されても結構です。中期・末期の方で1日6本、AM9:00、AM9:15、PM3:00、PM3:15、PM9:00、PM9:15を目安にして下さい。また、病状が悪化されている患者様は8本まで服用可能です。その場合、上記 6本の時に加え、PM6:00、就寝前に1本ずつお飲み下さい。なお、2本連続して服用される場合、15分間間隔を空けるようにして下さい。
 
特に初期の飲み方として多くの量を飲んでいた方のほうが良い結果が出ている傾向にあります。
 また、その時間帯は体の免疫力が最も低下し、がん細胞の増殖が一番、活発に行なわれる時間帯で あることが、王振国先生の臨床結果などで明らかになっています。服用の際は、この時間帯をお守り下さい。


ページトップへ戻る